Facebookが、どの大きさのビジネスにもターゲットとしているお客様と繋がるために最も大きく精通している広告プラットフォームであるのは言うまでもありません。
しかし、なんでも全て個人でしてしまう経営者にとっては、最初にどれだけの試行錯誤を繰り返して学習しないといけないのかと知ってしまうとフラストレーションになるかもしれません。結果を求めてお金費やしている人にとっては特に感じてしまうでしょう。

良い点は、多くの人が同じ間違えをしてしまう傾向があるということです。最初にはじめるときに特に起こりえます。
Facebook広告から1つの売り上げを出していない、または支払っているだけの見返りが見えないというあなたにいくつかの一般的なFacebook広告での間違えとそれを解消する方法をここにシェアさせていただきたいと思います。
もしも、あなたが完全にFacebook広告の初心者なのであれば、かならずこちらの記事をチェックして下さい。(Facebook広告に関する初心者用ガイド

1.事前に閲覧者リサーチへの投資をしていない

どちらの方がいい結果が生まれると思いますか?

ターゲットとしていない人の前に良質な広告だす方がいいのか?
それとも良質でないがターゲットとしている人の前にだすほうがいいのか?

私ならターゲットとしている閲覧者にお金を費やします。Facebookはさまざまな閲覧者がいるホームであり、何を販売しているのかによりますが利用者がより大勢だったり少数だったり、もしくはターゲットとしていた閲覧者が全く異なる人であったりします。

まずあなたが広告記事やフォーマットのような特定の機能をテストする前に利用者にいくつかテストを行わないといけないでしょう。しかし、それは手探りの予想でスタートしろというころではありません。
もし、あなたの商品を購入することに興味を持たれている人たちにお金をかけるとしたらターゲットを選ぶいい方法は自問自答です

例えば、あなたがFacebook上でスターバックスをいいねする人はあなたのオリジナルのコーヒーを購入することに興味・関心があるのかと思うかもしれません。多分、何人かの人はそう思うでしょう。しかし、大勢の人々はスターバックスを好んで飲みます。(実際、Facebook上で3300万人以上います。)あなたの商品が割り込む隙間箇所を見つけたいですね。

もし、あなたが隙間商品を選んだとしましょう(例;パグを所有している人ためのTシャツ)特定の閲覧者が決まっていない商品を販売している人より簡単です。
ターゲットにできる興味を探しだす1番いい方法は、お客様の立場に立つことです。

  • Googleで何を検索するのか?
  • Facebookでどのようなページをいいねするのか?
  • どのような影響者や有名人をフォローするのか?
  • どのようなアプリを使っているのか?
  • どのような書籍、ブログを読むのだろうか?
  • どのような競争相手から購入するのだろうか?
  • どこのReddit上で遊ぶのだろうか?

リサーチをして、多数とくらべてユニークな興味について学べるか考えてください。
もし、あなたのリサーチで発見したものと関連するFacebookページを見つけることができるすると、個人のプロフィールにいいねをしてください。Facebookがあなたがターゲットとする興味のある関連するページを提案してくれるでしょう。念を押すようですが、購入の意思が強くないものは無視しましょう。


興味のあることやあなたがよい感情を抱いているページを基準に追加のターゲットとなるアイディアをブレインストーミングするのを手伝うためにFacebookのオーディエンスインサイトツールを駆使することもできます。この機能を使い利用者がどのような反応を示し、お金を費やし、そしてもっと関心のあるのかを知るのに使います。

2.利用者をターゲットにするだけではとても広範囲すぎである

プラットホームは関係なく有料の広告での共通の間違いは、ターゲットとなる利用者が広範囲すぎることです。
あなたは、すべての人が利用者になる可能性があると思っているかもしれません。しかし、あなたがお金を出しているものは、人に届く広告です。

なぜ間違っている人に届けるためにお金を払わないといけないんでしょう?
だいたい50万人から150万人の間の規模のポテンシャル利用者が電子商取引ビジネスをする上で丁度いいサイズです。

もしあなたの利用者が多すぎるのなら、メインとなる利用者の興味に焦点をおくことをお勧めします。もし少なさすぎるのならもっと興味をひくためのスポットを見つけるまでより大きなユーザーとの共同利用の場所を作るべきです。

3.短気

どのような有料の広告でさえも、もしもすぐに結果がともわなければただお金を無駄にしていると感じることがあります。ときどき、広告の管理を強いられ、できるだけ能率敵に活用できるように適用させることによりいち早く性能がよくなります。

でも、初めはデータとインサイト収集が特にカギとなります。
だから、一人のお客様を獲得するのにいくら払えるのかの明確なアイディアが重要となります。
あなたの商品のコストが17ドルだとしましょう。そして、50ドルで販売するとします。消費者を集めるために33ドルが使用可能です。広告と利用者へのテスト段階で、あなたはその予算を超えることを受け入れましょう。

停止させたり、適用させようと無理に変えたりなどの広告においての決断は1000人に到達するまでしないようにすることです。この時点で、売上をあげられてなくても最低限の広告の性能がなにかしらを学ぶための十分なデータを集め多と言えます。

他にもFacebookに学ばせる時間を与えない場合、短気な性格がパフォーマンスに悪い影響を与える結果になります。もしも、まだFacebookピクセルをインストールしてないのであれば(Shopifyがとても簡単ですが)、インストールするべきです。Facebook広告のプラットホームはピクセルを使いターゲットの向上するためのパフォーマンスデータを基準として記録して学習します。

例えば、もしもキャンペーンの目的が初期の購入履歴を基準に効率的に利用するために設定をしているのであれば、売上がまだ0の場合、Facebookは購入してくれる消費者がどのような人たちなのかを知りません。でも、もっと売上が積み重なれば、データはもっと的確な情報となります。

4.テストしていることを孤立させない

マーケティングでは、インサイトは継続的な結果が求められている場際に過小評価されます。インサイトがあなたの広告の実験とテストを強く支えているときに、もし変数のみのテストを実施している場合にはその都度学ぶことができます。
異なる利用者、各々異なる広告とタイミングで一緒に提供するテストを行うのは、もしもあなたが偶然にもよりよい結果に結びついたとしても、あまり情報を与えません、それは利用者ですか?それは広告ですか?それはタイミングでしたか?それはいくつかのコンビネーションでしたか?
できるだけ1つの変数を孤立させてください。そして、行動に移せる知識の範囲内で実験の後に次に進むことができます。最初は、アドバート・セット・レベルでターゲットととなる利用者でテストするべきです。

  • キャンペーン:Facebookが利用者がカートに入れたアイテムを基準に能率的に活用する
  • アドバート・セット:ターゲットとなる閲覧者、位置情報、スケジュール
  • アド:リンク、フォーマット、クリエイティブなど

5.広告で費やす価値を搾り取らない

もしも、あなたの1番のゴールが売上を上げることであったとしても、それだけが広告から得られる見返りではありません。事実上、他にもお客を得ることに失敗した広告からでも付加価値があります。

できること:

  • サイトに訪れてくれた人のEメールアドレスの収集。
  • 投稿によるいいねとコメントでの広告の社会的証明の構築。
  • 購入してもらうために、コメントをくれた閲覧者との直接的な関わり。
  • 新たにターゲットとなるサイト訪問者の選定。
  • 捨てられたカートの修復するためにEメール列を設定。
  • あなたのFacebook投稿やページをいいねしてくれた人の招待


有料の広告サービスから集めることができる価値のつけがたいインサイトがあります。
Googleアナリティックスとホットジャアーを設定することをお勧めしました。(どちらも無料)あなたのページにどのような人が訪れるのかを見てみるとウェブサイトではどのような反応があるのかを知ることができます。これは問題が利用者にあるのか、ウェブサイトのレイアウトにあるのか、それとも他に問題があるのかを見極めるのに役立ちます。
ホットジャーはとても役に立ちます。なぜなら目に見える形でウェブサイトを訪れてくれた人がどのような反応を示すのかを見せてくれます。例えば、ウェブサイトの利用者がページを閉じる前にどのくらいスクロールで下のページまで移動をしたのか、何をクリックしたのか、そして訪問者を記録します。

6.クリックさせるための広告の特徴を有効に活用していない

どのような利用者をターゲットにするのかを決めた後に、次はいい広告の政策をすることが結果に結びつく秘訣です。たくさんの要素がいい広告を生み出すのであるが、ここにいくつかの例を尾げたいと思います。

  • 目を引き付けるような写真、記事もしくは短編ビデオのどれかに焦点を置くこと
  • 絵文字などのビジュアル的要素を記事に加えること
  • 説得力をあげるために毎回広告を作り出すときにいいねやコメントなどの社会的証拠を収集すること
  • リンクと商品にいくつものクリックをするとページにとべるようにすること。(Shopify を加えることによりFacebookショップを立ち上げることができます)
  • 同じ広告設定でさまざまなフォーマットを試してみること。特にビデオはFacebookでは典型的なフォーマットです。

7.使用可能な機能を駆使していない

多くのFacebook広告マネジャーが自らの複雑性に混乱してしまうこともあります。特に、インサイト収集するために性能を可視化するときです。
広告管理でデフォルトの縦のラインを見てみましょう。例えば、必要のないデータは表示しないことです。追加の情報を得るために縦のラインをカスタマイズするべきです。


広告の性能を上げるために下記を追加すること考えてください。あなたが役立つと思うものも一緒に。

  • CTR:クリック・スルー・レートは誰がどの割合であなたの広告をクリックしたのかをパーセンテージで示す。
  • Cost-per-click:あなたの広告が1回のクリックにいくら支払っているのかを示す。
  • Website Purchases:広告からの購入された数を示す。
  • Website Purchase Conversion Value:広告によってえた収入の総合計。
  • Frequency:1人当たり平均でどのくらい広告をみているのかを表示します。ときどき広告の機能が下がってから上がったりします。それはFacebookが同じユーザーに何度も広告を見せているからです。
  • Reach:どれだけのリピーターではない人に広告を届けているのかを表示します。
  • Relevance Score:ターゲットとしている人と閲覧者最初の500足跡を基準にはどのような関連性があるのかを表示します。
  • Budget:広告セットに1日あたりどれだけの金額をかけているのかを表示します。
  • Cost Per Result:キャンペーンの目的を達成するためにいくら費やしているのかを表示します。
  • CPM:1,000足跡のためにいくら支払っているのかを表示します。

いくつかの要素を基準にブレイクダウンオプションを使いあなたの広告の性能を解析することができます。例えば、どの端末で売り上げがでたのか、性別がどのように性能に影響するのかです。
すごく簡単ですが、最も影響力の高い方法は、基準化しレベルによって広告マネジャーアカウントの名前の置き換えることです。そうすれば、どのような利用者をターゲットとして何をテストするのかを伝えることができます。

まとめ

Facebook広告は使いこなせるまでに少し時間がかかります。しかし効率よくメッセージを発信するいいツールであり、投資をする価値のあるものです。そして他の人の経験から学習することもできます。

あなた自身の広告であなたは何を学びましたか?コメントにてシェアしてみましょう。

この記事は、Shopify公式サイトブログの記事を翻訳しております。