avatar

Shopifyシェフ

Shopifyでは公式から多くのテーマが用意されておるぞ。

テーマってECサイトのテンプレートみたいなやつのことですよね!

avatar

Shopify見習いくん

avatar

Shopifyシェフ

今回は商品の写真や説明文を自由に変えるだけでおしゃれなストアができるテーマを紹介するぞ!


Kagami

Kagami
Kagamiはシンプルな構成ながらも、全体的に写真を大きく表示するレイアウトで商品やブランドの魅力をビジュアルで伝えることができるテーマです。レスポンシブデザインにも対応しており、スマートフォンや他のデバイスでも写真を綺麗に見せることができる点がポイントです。写真を活かして商品をアピールしたい方にオススメのテーマです。
$180
公式テーマストア
Kagamiについてご紹介した記事はこちら

District

District
DistrictはPCとスマホで画像の切り替えやスライドショーへの動画を挿入など、「あると便利な機能」が揃っているので、ECサイトを作るのがはじめての人にも自信を持ってオススメできるテーマです。サイドバーがあるブログ記事の作成もできるので、馴染み深く利用できるのではないでしょうか?
$160
公式テーマストア
Districtについてご紹介した記事はこちら

Pacific

Pacific
Pacificはサイドバー機能の充実したテーマです。特に、商品のカテゴリーを表示する機能が標準で搭載されており、商品数が多い場合にもすぐに目的の商品を見つけることができる使い勝手の良いECサイトが実現可能です。日本国内向けのECサイトを作る場合には選択肢として検討する価値があります。
$180
公式テーマストア
Pacificについてご紹介した記事はこちら

Showcase

Showcase
Showcaseのデモサイトはどれもファーストビューが印象的で、ビジュアルで魅せるためには効果抜群のテーマです。ブログに画像を挿入した場合も個性的かつスタイリッシュなデザインとなるので、ブランドイメージを押し出すのに適したテーマとなっています。余白を詰めたタイル状のレイアウトが斬新で、デザインのトレンドを抑えている魅力的なECサイトの演出ができます。
$180
公式テーマストア
Showcaseについてご紹介した記事はこちら

まとめ

ShopifyでECサイトを制作するメリットのひとつとして挙げられるのが、デザイン性抜群の豊富なテーマ
公式テーマストアにも無料のものから有料のものまで、70以上のテーマが存在しています。それぞれのテーマに個性があり、どのテーマを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

テーマにはデモサイトが複数用意されているので、ECサイトがどのようなデザインになるのかイメージしながらじっくり比べて見ましょう。

あなたのご要望に合ったテーマをご提案いたします

Shopifyレシピを運営する株式会社フルバランスでは
ECサイトにこんなデザインを取り入れたいけれど、Shopify公式テーマで実現できるの?
どのテーマを使えば良いのか悩んでいる!
などShopify公式テーマに関する質問やご相談にお応えしています。

ECサイト制作の依頼をご検討中の方は是非お問い合わせください!
無料見積もりバナー