今年のBlack Friday Cyber Monday(BFCM)が11月24日~27日にやってきます。
この4日間は、大小全てのオンラインセラーにとって、1年のうち最大の売上を得るビッグチャンスです。
実際、昨年のブラックフライデー・サイバーマンデーでは、それぞれ同月の1日の平均売上を3倍以上も超える売上をたたき出しました。

しかしながら、そのビッグチャンスをものにする為には、ただセール商品を載せ、後は全て神頼み、ということでは十分ではありません。この時期に訪れる、見込みあるアクセスや購買意欲を最大限利用出来る方法で、あなたのストアを準備し、顧客満足体験をデザインする必要があります。

もしBFCMキャンペーンに総力をあげて挑む予定であれば、この11月、またそれ以降も売上アップに貢献してくれるベストなShopifyアプリをいくつかまとめてみました。

1. FOMO:リアルタイムのソーシャルプルーフ

費用:29.99ドル/月からスタート

新たな訪問者があなたのストアに立ち寄った際、以前に商品を購入し、満足している過去のお客様をあえて見せることで、訪問客を安心させることが出来る、それがソーシャルプルーフ(社会的証明)です。
それが、FOMO(以前はNotify〈通知〉として知られていました)があなたの販売見込みを最大にする手助けとなる理由です。
FOMOという名前は、他人がその商品を欲しがっているから自分もそれが欲しいと思ってしまう、“Fear of Missing Out(取り残されることへの不安)”に賛同してつけられました。FOMOは、あなたのストアの隅に、最新の購入履歴を小さくポップアップ通知することによって、その役目を果たします。

これらの通知は、過去の顧客名、在住地、購入した商品、またそれ以上の情報を表示し、新規のお客様に、あなただけではないという安心感を与えることが出来ます。もしあなたが、BFCMのような短期間で、大量販売を計画しているのであれば、過去数時間にどれだけ多くの人がその商品を購入したかも表示するよう設定出来ます。

あるいは、最新の注文表示機能に最も興味があり、その他の機能や集積は必要ないということであれば、Recently 3($10/月)を導入することも出来ます。

なぜFOMOがおすすめか?

  • 購買動機を促進する為に、通知をリアルタイムで表示させたり、一握りの情報を何度も何度も繰り返し表示させることができる(最新のストアに最適)。
  • 見た目、配置、閲覧頻度、コピー、どの商品を見せるか、をカスタマイズできる。
  • 投稿や有益なレビューを表面化させる為に、ソーシャルメディアとYotpoを統合できる。

2. Product Discount:より簡単な方法で売り出しを

費用:$14/月

BFCMの魅力の1つは、他の期間では得ることが出来ない量の取引が保証されていることです。1度にたくさんの商品を売り出すチャンスであり、この大売り出しを管理する為に、このアプリが必要になります。

Product Discountは、様々な値引きの設定や特定の期間稼働するサービスのスケジューリングを簡単に行ってくれます。各商品に対してディスカウントコードを作り、お客様がそのコードを見つけて利用してくれることを願うよりも、はるかにシンプルです
しかし、パーセントオフ割引にすることだけが商品をセールで売り出す方法ではありません。

Bold Commerceが展開する2つのアプリ、Product DiscountとProduct Upsellを組み合わせることによって、ある一定額支払ったお客様への無料ギフトや、複数商品の購入へのディスカウント、“1個買ってもう1個無料でもらおう”などのより複雑な売り出し方が出来ます。

なぜProduct Discountがおすすめか?

  • 自動的に“価格で比較”しそれに基づいて、ディスカウントコードを作成することなく、セール商品を作りスケジュール管理を行うことが出来る。
  • Product Upsell($9.99/月からスタート)を導入することで、“1個買ってもう1個無料でもらおう”や“1個買うともう1個75%オフに”、などその他複雑な割引にも対応できる。
  • 全商品区分やある商品区分、もしくは特定の商品を同時にセールで売り出すことで、時間を節約できる。

3. Privy: お客様が無視できないポップアップを

費用: $0/月からスタート

至るところでポップアップを目にするから、という理由でポップアップを敬遠しているのであれば、それはただそのポップアップがeメールの獲得だけに有効だからです。
Privyはあなたのストアに簡単にポップアップを加え、見た目もカスタマイズし、そしていつどこでその“ポップアップ”を表示させるかも設定できるので、訪問者を圧倒し困らせることはありません。

ただし、PrivyにはBFCMに向けて最適なあるポップアップがあります:exit intent pop-ups(退出インテントポップアップ) と呼ばれるものです。
このポップアップは、あなたのストアから何も購入せずに去ろうとしている訪問者に対し、eメール情報と引き換えに、何らかの商品の割引をプレゼントすることが出来ます。
例え見込みあるお客様がその場で購入に至らなかったとしても、この方法を取れば、eメールを通して後々売り込むことが出来ます。

なぜPrivyがおすすめか?

  • exit intent、スクロールベース、サイト内の滞在時間、カートからの削除やその他を含むトリガーになるということ。これは、トリガーとしてのインパクトが最も強くなる時(例:誰かがカート内を削除する時など)に、それらのポップアップを起動するだけで、スパムのようなユーザー体験を避ける手助けになる。
  • MailChimp、Klaviyo、Soundest、AdRollなどを統合することができる。
  • ユーザーがオプトイン(個人情報利用の承諾)する時にだけ得られる、元々組み込まれた割引/ディスカウントなどが、今までより多くのeメール情報の獲得に役立つ。

4. Referral Candy:新たなお客様からもっと多くのお客様を

費用: $49/月からスタート

BFCMキャンペーンが上手くいくと、当然たくさんの新たなお客様を持つことになります。新たなお客様より良いものって何でしょうか?それは、さらにより多くの新しいお客様を獲得する事です。
Referral Candyは、お客様個人のネットワーク(友人、家族、同僚)をうまく利用して、紹介ベースのディスカウントを提供できるようにします。

お客様自身や紹介した新たなお客様、両者にとってプラスになるので、この報酬があなたのお客様を、もっと売り上げる手助けをする支持者へと変えてくれるのです。

数ある中で、UberやDropboxが紹介プログラムを通して、どうやってユーザーベースを大きくしてきたかを考えてみてください―Referral Candyが、あなたのオンラインストアに合った、同様の成長できる戦略を実践させてくれます。

なぜReferral Candyがおすすめか?

  • Shopifyで紹介プログラムを設定し運用する、最も簡単な方法の1つである。
  • 友人紹介により新しいお客様へ報酬を贈ることができる。
  • 紹介のトラッキングや報酬の配分状況を、アプリで一括管理できる。

5. Back In Stock:“売り切れ”は“販売停止”ではない


費用: $19/月からスタート

一見“売り切れ”とは響きが良いかもしれません。しかし本当にその商品が欲しかったお客様にとっては不運なことでしかないのです。そんな時あなたは、そのお客様をそのまま手ぶらで去らせてしまうことも出来れば、または、在庫に上がった時にお知らせできるようオプトインしておくことも出来ます。

Back In Stockは、訪問者がフォーマットに情報を入力しておけば、彼らが欲しかった商品が在庫に上がった時に通知を受け取れるよう、商品の売り切れ欄の隣にクリックするタブを追加できます。もしBFCMウィークエンド期間中に補充する予定であれば、特に失ったお客様の獲得に苦しむ場合、そういったお客様にお知らせする良い方法になります。

なぜBack In Stockがおすすめか?

  • 例えお客様が商品を購入出来なかったとしても、どの商品が最も需要があるかが理解できる(商品アイディアをテストする優れた方法)。
  • 売り切れ商品が新たな手掛かりを生み出す好機になり得る。
  • MailChimp、Campaign Monitor、Klaviyo、やConstant Contactと統合できる。

6. Boost Sales:レジでのアップセリング・クロスセリングを


費用: $30/月からスタート

より多くのお客様を獲得することだけが、売り上げを伸ばす方法ではありません―ただシンプルに1人1人のお客様にもっと買ってもらうことで、更なる利益アップを実現できます。
アップセリング・クロスセリングは、何らかの方法で、補足商品の購入やオーダーを“アップグレード”させるオプションを提案することで、平均オーダー額を上げます(例:ズボンの購入に合わせてベルトをおすすめする)。

Boost Salesは、会計へと進むプロセスにおいて、これらのオプションをお客様に提示する最適なアプリです。誰かにモノを売るベストなタイミングとはいつでしょう?
それは、クレジットカードを既に手にしているその時です。

なぜBoost Salesがおすすめか?

  • 各オーダーの見込み額を上げることは、このアプリで簡単に採算が取れることを指す。
  • アップセル/クロスセルの提案にディスカウントを組み込むことが出来る。
  • レスポンシブデザインで、お客様がどのデバイスを使用しているかにかかわらず、より多く売り上げられる。

7. Hurrify: 推し迫る時間を演出(文字通り)


費用: $6.99/月

BFCMウィークエンドは、既にお客様の心の中に、急がなければ!という気持ちを作り出してくれています―何といっても年に1度の大イベントだからです。目の前に実際のタイマーを置いて売り出しを演出するほど、時間切れが迫っているという感覚をお客様にもたらすものはありません。

Hurrifyでは、購入を遅らそうとしているお客様に、“手遅れ”になってしまうかもしれないと確信させる為、セール期間が終わるまで秒数や在庫の数をカウントダウンすることが出来ます。このカウントダウンタイマーを、商品ページ、もしくはバナーでストア全体に渡って表示することも出来ます。

また別の方法として、カウントダウンタイマーアプリの中でお探しの機能次第では、Beeketing’s Countdown Cart app(無料)というアプリを入れることも出来ます。

なぜHurrifyがおすすめか?

  • 残り時間や残り在庫、もしくは両方共見せることによって、あなたのセールに緊急性と希少性をもたらすことが出来る。BFCMショッピングラッシュを強化するのに最適である。
  • そのタイマーがセール終了前に時間切れになった場合は、ただ単純にセットし直すだけでOK。

希少性・緊急性アプリに関する注意点: 正当な商品とお客様においては、希少性は実に上手く働きます。しかしながら、偽の希少性を作り上げたり、人を騙そうとすることは、顧客を遠ざけあなたのブランドに傷をつけることになります。あなたが作る希少性は、時間限定の売り出し物や、全商品の中の限られた提供量をベースにしていなければなりません。

位置について、よーい・・・ドン!売りまくれ~!!

これらのアプリはオールシーズン偉大な働きをしてくれますが、BFCMのようなアクセスが集中するイベントで特に力を発揮します。ブラックフライデー・サイバーマンデーに参加予定であれば、すぐにでもキャンペーンへの備えをスタートさせるべきです。

どの商品を推すのか?どのチャンネルを通してキャンペーンを知らせるのか?どうすれば労力以上の価値あるキャンペーンにできるのか?BFCMウィークエンドを成功へと導く為に、考えなければならないことがたくさんあります。

準備はよろしいですか?

ブラックフライデー・サイバーマンデーを成功させるツールやリソースをお求めの方はこちら―BFCMツールボックスをチェック!

この記事は、Shopify公式サイトブログの記事を翻訳しております。