スマホで買い物をしたこと、一度はありませんか?
20代はインターネットで買い物をする際、スマホから買う人が50%以上といわれています。
ECサイトもスマホ時代になってきました。
今回は、ECサイトをスマホ化する際に必要なことについてご紹介します。

ECサイトもスマホ時代

スマホを操作する人

ECサイトがスマホ時代とは、いったいどういうことでしょう?

それは、スマホの普及率が上がり、PCよりもスマホからECサイトを利用する人が多くなったということです。
いったいどのくらいの人たちがスマホを利用しているのかを見てみましょう。

スマホ利用率はどのくらい?

周りをみても分かるように、今は多くの人たちがスマホを持っていますよね。
特に、20~30代の9割はスマホ利用が当たり前!
そして、中高年でもスマホを利用する人はどんどん増加しています。

スマホを使用してインターネットを利用する人が急増

スマホでネットショッピング

スマホ利用者が多くなれば、当然インターネット利用する際もスマホを利用しますね。
現在では、10~40代半ばまでの方はPCよりもスマホを利用し買い物をしています。

このようなことから、ECサイトをスマホ化することはとても重要になっているのです。

スマホとPCでの違いとは?

ECサイトをスマホに対応といっても、どちらもインターネットだから一緒では?と思う方もいるかもしれませんね。
しかし、スマホとPCでは大きな違いがあります。
詳しく見てみましょう。

いつでもどこでも使える

駅でスマホ

スマホとPCの一番の違いは、使用する場所や時間です。
PCは電源を入れてモニターの前に座りマウスやキーボードを使用するため場所や時間が限られますね。

しかし、スマホの場合は見たい時にすぐに使用可能!
電車やバスを待っている間、テレビを見ながら、寝ながらなど自分の好きな場所・時間・態勢で使用できるのです。
ECサイトを利用する際にも、スマホならパッと思いついた時にすぐに商品を探し出せるなどPCとは大きな違いがあります。

情報量が違う

パソコンとスマホ

スマホとPCでは当然画面の大きさが変わってきます。
PCで見るにはピッタリの情報量でも、スマホの小さい画面で同じものを見れば情報量がとても多く感じてしまいます。
PCにはPCに合った情報量、スマホにはスマホに合った情報量にしなくては、見づらい・分かりづらいサイトだなと印象づけてしまう可能性があるので、この違いをしっかり把握しなくてはなりません。

スマホで売るために必要なこと!

ECサイトをスマホ化するのは、とても重要なことなのですね。
それでは、スマホ化する際にどんなポイントに気を付けるべきかを見てみましょう。

[ポイント1]シンプルで見やすくすること

シンプルなスマホ

ECサイトをスマホ化するにあたって大切なのは、シンプルであることです。
売りたいがために、あれもこれも情報を載せては見づらいサイトになってしまいます。
また、表示スピードも遅くなってしまうため消費者から離脱される原因にもなります。
シンプルでありながら大切な情報を載せることを意識しましょう。

[ポイント2]支払方法が多種あること

いろいろな支払い方法

次に大切なのは、支払い方法が選べることです。
スマホでの買い物は、場所や時間を選ばすできることが利点ですよね。
例えば、バスの待ち時間に購入したいものがあった場合、支払い方法がカードしかなければ情報を入力できず購入を諦めるしかありません。
このような状況を回避するためにも、いろいろな支払い方法が選べるように用意しておきましょう。

[ポイント3]入力が簡単であること

簡単なフォーム

最後に、個人情報の入力が簡単であることも大切です。
スマホはPCと違って画面内で住所や名前を入力していきますね。
キーボードがあれば簡単に入力できても、小さい画面で一つずつ入力していくのが面倒だったり苦手と感じている方も多いです。
このようなことから、郵便番号を入力すれば住所の候補がすぐに表示されたり、名前の入力でもフリガナが自動で表示されるなど工夫してみましょう。

購入するまでにかかる時間を少なくできれば、ストレスなく買い物が楽しめるのでとても大切です。

ECサイトスマホ化のまとめ

ECサイトをスマホ化するにあたって大切なことをご紹介させていただきました。
スマホからのアクセスがより多くなるこれからは、スマホに対応したサイトは必須です。
ぜひ、売り上げアップのためにも実践してみてくださいね。