インターネットで売りたいものはあるけれど、何から手を付けていいか解らない、そんな人はいませんか?
これからECサイトを開設する人が知っておいて損はない、3種類の方法を解説します。
通販分野初心者の私が、はじめての人にも出来るだけ解りやすくまとめました。
まず、ネットショップを開設するにあたって基本知識を覚えておきましょう。

こんにちは!見習いです!
みなさんはECサイトの作り方を知ってますか?
今回は初めての人にもわかりやすいECサイトを作るときの種類を教えます。

avatar

Shopify見習いくん

ECサイトとは

EC(electronic commerce)とは電子商取引と訳されて、インターネット上でものやサービスを売買することです。
いわゆるインターネット上の通販のことです。
これからECサイトを構築するシステムをご紹介します。

モール型ECサイトとは

1つの場所に様々な店舗が集まった、インターネットのショッピングモールのようなものです。
モール型の特徴は提供しているテンプレートのようなシステムを利用し、知識がなくても型にはめるだけで、サイトが出来上がります。
サイトのデザインは自由に決められず、高額な費用もかかりますが、大手のモール型は顧客からの信頼感を得られるので集客しやすい面があります。

例えば
楽天は、日本生まれのモール型ECサイトです。
日本ではとても有名で、信頼感があり集客がしやすいことが特徴です。

楽天サイト

他にも
米国生まれのECモール型サイト、Amazonはがあります。
世界的に多く利用されているのはAmazonです。トラブルの対応にも強いのでこちらも信頼感があります。

amazonサイト

レンタル型ECサイトとは

共有のサーバーを借りて、カスタムしたいパッケージを追加してECサイトを構築できます。
サーバーをレンタルすることで低価格ではじめられます。
カスタムしたい場合はパッケージを追加すれば自由なデザインができます。
ある程度の技術と知識が必要になりますが、自分でECサイトを運営出来るようになれば運営費はかなり抑えることができます。

例えば
日本の株式会社ロックオンが提供しているEC-CUBEは、国内シェアNO.1を誇っています。
基本機能・テーマがあり、それを活用すれば素早くECサイトを構築できます。

他にも
世界シェアNO.1を誇るShopifyは、世界175ヶ国で利用させているサービスです。
日本法人には2017年に参入してきました。
国境を超えたネットショッピングに強く、多言語や多通貨対応もしています。

自社サイト型とは

自社で一からサイトを制作することです。
自社のデザインコンセプトを主張が出来るので自由にカスタムすることができます。
システムやセキュリティの構築までする必要がありますが、最終的に自分で納得いくECサイトに仕上げることが出来ます。

例えば
大手アパレルメーカーや大手の家電製品、大手自動車メーカーなど、ブランド力の強い会社は自社のコンセプトを大事にしていて集客にも効果があります。

まとめ

ECサイトをこれから作るなら、まずは予算、目的や作りたいサイトのイメージにより、3種類の作り方から選択をすることが重要です。また、予算が許すならば、どれか1つだけではなく、複数の店舗を同時に開設することも検討すると良いでしょう。