ECサイトの決済ならまずはPayPal!簡単・安心で越境ECにも対応!

PayPalは越境ECにもおすすめ

これからECサイトを始めたい方、決済方法をどれにするかもう決めましたか?クレジットカードや振込・代引きはもちろん、コンビニ決済など今かなりの種類がありますよね。PayPalはネットショッピングの決済方法では世界でも有名な方法で、クレジットカードの情報なしでオンラインで決済できるスグレモノ。今回はそんなPayPalについてご紹介します。

デジタルウォレット=PayPal

電子決済

PayPal(ペイパル)とは、インターネットを利用したオンライン決済代行サービスです。
アメリカを中心に世界中で広く普及しており、世界2億5000万人以上の利用者がいると言われています。200の国と100の通貨に対応し、企業による導入も多数とされています。金銭のやり取りをPayPalが仲介するため、相手にクレジットカード番号や口座番号を知られることもなく、安心・安全なサービスとして有名です。また、使い方もいたって簡単で、アカウントの作成とクレジットカード情報の登録で完了。あとは、支払方法としてPayPalを選ぶだけでスムーズな支払いが行なえます。ショッピングサイトや動画見放題など、ウェブサービスを利用する人にはオススメの便利なサービスです。

ECサイトならPayPalの3つの理由

パソコン

その1 「簡単」

PayPalを利用するには必ずアカウントが必要です。
では、そのアカウント開設に必要なものとは何でしょう?

  • メールアドレス
  • クレジットカード

この2つのみ。
開設にかかる費用は無料の上、年会費・利用手数料も無料(※例外あり)利用者には嬉しい特典です。
クレジットカードで支払う場合、カード番号や確認コード、氏名、有効期限を入力する必要がありますが、PayPalの場合、登録したメールアドレスとパスワードを入力するだけで支払いが完了するという手軽さです。

その2 「安心」

PayPalは、クレジットカード決済の仲介を担うサービスです。
通常、クレジットカードで支払いをすると、カード番号や確認コードなど重要な情報を入力する必要があります。その際、それらの情報が第3者に洩れ、カードを不正利用される可能性は大いに考えられます。クレジットカードを使って支払うときに一番心配になるのが、個人情報の流出ではないでしょうか。
これに対し、PayPalはPayPalのアカウントにクレジットカード情報を登録することでPayPalがその情報を管理、支払い時相手にクレジットカード情報を知られることがなく支払いを行うことができます。
また、PayPalはクレジットカード情報を守るために、次のような万全のセキュリティ体制を敷いています。
■独自の不正防止モデル
-全取引を24時間、365日モニタリング、不審な動きがあった場合にアカウントを制限-
■業界最高水準のシステム
-個人情報は最高水準の暗号化キーで保護、業界の基準PCI DSS に準拠-
※引用:PayPal公式サイトより

その3 「便利」

前述の その1・その2 でも触れたように、PayPalを介した支払いは、PayPalに登録したメールアドレスとパスワードを入力するだけで支払いが完了します。支払いが生じるたび、その都度クレジットカード情報を直接入力するのは非常に手間がかかります。それを考えると、これだけでも十分便利と言えるのではないでしょうか。
また、クレジットカードには様々なブランドがありますが、PayPalは主要なブランドに対応。しかも、PayPalを介して支払いをしてもクレジットカード独自のポイントも変わらず貯まるという仕組みで損はありません。メインで使用しているクレジットカードをPayPalに登録するのも良いかもしれません。

PayPalは越境ECにもおすすめ!

世界のお金

PayPalは、特に海外での金銭のやり取りに力を置いたをサービスです。
200の国と100の通貨に対応しているため、相手の通貨に合わせ、複数の通貨を設定することができます。
世界2億5000万人以上の利用者と、海外のユーザーが多いことから、越境ECや海外での商品売買にはPayPalのアカウントがあると非常に便利でしょう。
また、クレジットカードの国際セキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠している点も、対海外において安心できる点です。