Shopifyでお店をオープンするまでにどのような設定が必要なのか、はじめてECサイトを作るという方は何から手をつけたら良いかわからないですよね。

ECサイトをオープンするまでに必要な設定項目は人によって様々ですが、
お客様に商品を届け、購入代金を受け取るために「配送方法」と「決済方法」は全員が設定をする必要があります。
今回はECサイトを作った経験のない方でもできるように、Shopifyでおこなう配送と決済の設定を基本を一からわかりやすく教えます!

設定画面

さっそく配送と決済の設定をしていきましょう!
ホームから左下にある「設定」をクリックします。

設定のはじめ

設定にはいくつかの項目か出てきます。
今回はECサイトで商品購入の際に必要な「決済設定」と「配送」を設定してきます。

設定部分

「Shopifyで決済設定」の種類

決済設定ではクレジットカードやコンビニ決済、代引きなど、ストアにあった支払方法を選択することができます。

決済設定&クレジットカード

「クレジットカード」
クレジットカード決済の設定はこちらから行います。「Shopifyペイメント」を利用することで取引手数料を減らすことができます。

Paypal

「Paypal」
世界億5000万以上のユーザーが利用し、ビジネスでも1800万以上に導入されている便利で安全な決済サービス。
手数料が安く、海外展開に強い支払い方法です。

amazon pay

「amazon pay」
amazonアカウント情報を利用して決済することができます。

代替決済手段

「代替決済方法」
コンビニ決済など、上記以外の決済方法を設定することができます。

手動の決済方法

「手動の決済方法」
代金引換や銀行振込などの設定を行います。
「手動の決済方法」から「その他の決済方法を作成する」を選択して、手順を入力します。

「決済の受付方法」
「手動で注文の支払いを確定する」が選択されている場合
お客様から注文が来た際に、手動で注文の確認をする必要があります。
そのつど注文の内容を確認したいという人以外は
「自動で注文の支払いを確定する」を選択しておきましょう。

決済方法全体画面

配送設定の方法

Shopifyでは、注文する場所や総重量、合計金額に基づいて送料を設定することができます。

日本の国旗の横の編集をクリックすると国内の配送方法を設定できます。

地球のアイコンの横の編集をクリックすると海外の配送方法を国ごとに設定できます。

配送に関して詳しくはコチラ

配送設定画面

まとめ

ECサイトを開業する前に決済設定や配送設定をしておく必要があります。
商品や配送する地域によって設定を変えたい場合は、あらかじめ決めておきましょう!
オープン前にしっかり確認しておくことが大切です。