うーん。
商品登録や顧客管理をひとつひとつ手動でやるのは面倒だなあ…。

avatar

Shopify見習いくん

avatar

Shopifyシェフ

見習いくん。そんなときはCSVファイルを使うんじゃ!
ShopifyはCSVファイルでまとめて出入力できるんじゃ!

シェフ!
CSVって何ですか?そんなに便利なことができるんですか?

avatar

Shopify見習いくん

avatar

Shopifyシェフ

今回はCSVファイルからCSVファイルを使った便利な技まで紹介するぞ!

CSVファイルとは

CSVファイルとは

CSVファイルとは文字列をカンマ「,(カンマ)」で区切ったファイルのことです。日本語では「カンマ区切り」と呼ばれています。
ShopifyではCSVファイルを使って商品・顧客情報の出入力をすることができます。
Shopifyが指定した項目に合わせてCSVファイルを作成することで、他のサイトに掲載している商品もまとめてShopifyのストアに登録することができます。
尚、ShopifyではCSVファイルをGoogleスプレッドシートで作成することを推奨しています。

手順

ファイル内の項目を編集する

まず最初に、ファイル内の項目をShopifyの指定した形式に合わせて編集します。

商品情報の項目

Handle

商品のURLに表示される名前
例:「赤いシャツ」という名前の商品の場合「https://yourstore.myshopify.com/product/red-shirt」といったようになり「red-shirt」の部分をハンドルと呼びます。

Title

商品名
Body(HTML) HTML形式で書かれた商品詳細

Vendor

商品のベンダー

Type

商品のタイプ

Tags

商品に登録するタグ

Published

商品の公開・非公開を表示

Option 1 Name

商品に色やサイズなどのバリエーションがあるときに使用
項目をひとつずつ入力してください。ここでは、「色」などのバリエーション名を入れましょう。もし、商品バリエーションがない場合は、「Title」と入力してください。

Option 1 Value

バリエーションの内容
バリエーションが「色」であったら「赤」などが当てはまります。商品にバリエーションがない場合は、「Default Title」と入れてください。

Option 2 Name

商品に別のバリエーションがあったら使用
例えばサイズなどです。

Option 2 Value

Option 2 Nameのバリエーションの内容
例えば「S」などです。

Variant SKU

商品またはバリエーションのSKU
もし、外部のフルフィルメントサービスを使用していたら、空欄にすることはできません。

Variant Grams

商品の重さ(グラム)
単位は入力せずに値だけを入力してください。

Variant Inventory Tracker

在庫を追跡する会社
Shopifyの場合は「Shopify」と入力してください

Variant Inventory Quantity

バリエーションの在庫数

Variant Inventory Policy

バリエーションの在庫数が0になったときの扱い
「deny」と入力した場合、在庫数が0になったらお客様は商品を購入できなくなります。
「continue」と入力した場合、在庫数が0になってもお客様は購入を続けることができます。

Variant Fulfillment Service

商品のフルフィルメントサービス
手動の場合は「manual」と入力してください。もし、独自のフルフィルメントサービスを使う場合は、スペースの代わりにダッシュ「-」を、ピリオドなどの記号は取り除いて、ローマ字で入力してください。

Variant Price

商品価格
通貨の単位は除き、数字のみを入力してください。

Variant Compare at Price

元の商品価格
割引を表示させたいときに使用してください。

Variant Requires Shipping

配送が必要かどうかを入力
「TRUE」の場合は必要、「FALSE」の場合は不要となります。

Variant Taxable

税を適用するかどうかを入力
「TRUE」の場合は適用、「FALSE」の場合は不適用となります。

Variant Barcode

商品のバーコード

Image Src

商品画像のURL

Image Position

商品ページで画像が何番目に表示されるかです

Image Alt Text

画像の代替テキスト

Gift Card

商品がギフトカードの場合は「TRUE」、そうでない場合は「FALSE」を入力

Variant Image

バリエーションの商品画像URL

Variant Weight Unit

商品の重量の単位
「kg」か「lb」を入力してください

顧客情報の項目

First Name

お客様の姓

Last Name

お客様の名

Email

お客様のメールアドレス

Company

お客様の会社名

Address1

お客様の住所1

Address2

お客様の住所2
必要な場合入力してください。

City

お客様の市区町村

Province

お客様の都道府県
Province Codeのみでも大丈夫です

Province Code

都道府県のISOコード
ShopifyはISO alpha 2コードを使用しています。 日本の場合は「JP-(2桁の数字)」が適用されます。

Country

お客様の国

Country Code

国のISOコード

Zip

お客様の郵便番号

Phone

お客様の電話番号

Accepts Marketing

お客様がメールマガジンに登録しているのかどうかを入力
「yes」か「no」で入力してください。

Total Spent

お客様の総支払金額
通貨の単位は入れずに、数字のみを入力してください。

Total Orders

お客様の総注文数

Tags

お客様にタグ付けする場合はタグを入力

Note

お客様の備考

Tax Exempt

非課税のお客様には「yes」、そうでないお客様は「no」と入力

CSVファイルをダウンロード

GoogleスプレッドシートでCSVファイルが完成したらファイル > 形式を指定してダウンロード > カンマ区切り値(.csv 現在のシート)を選択してダウンロードします。

CSVのダウンロード

インポート

Shopifyに戻って、管理画面から商品管理の場合は商品管理、顧客管理の場合は顧客情報を選択します。 インポートをクリックします。

商品管理 顧客管理

アップロード

商品情報の場合は「ファイルを選択」から作成したCSVファイルを選択して、「Upload file」をクリックします。

アップロード

チェックを入れると商品情報、顧客情報が更新されて取り込まれます。プレビューが表示されるので、「Start Import」を押して、ファイルを読み込みます。

インポート

顧客管理の場合は「ファイルを選択」から作成したCSVファイルを選択したら、チェックボックスにチェックを入れると、同じメールアドレスあるいは電話番号をお持ちのお客様の情報が更新されます。「顧客情報を追加」をクリックしてください。

顧客情報を追加

avatar

Shopifyシェフ

これで完了じゃ!
CSVの仕組みを覚えておけば面倒な商品情報や顧客情報の読み込みがサクサクできるぞ!

この記事および文中画像はshopifyの次の記事を参考にしています

https://www.shopify.jp/blog/how-to-import-csv-customers?ref=fullbalance-japan

https://www.shopify.jp/blog/how-to-import-csv-file?ref=fullbalance-japan